任意整理による債務整理

任意整理とは、借金苦に陥った人が行う債務整理方法の一つです。
裁判所を利用せずに消費者金融などの債権者と交渉し、利息制限法引き直し計算により残金額を確定したり、損害金の減免や将来分の利息の免除などをしてもらいます。その結果、債務は借主にも支払い可能な程度にまで縮減され、借主は約束に従って毎月一定額を支払うことになります。
借金の返済が苦しいものの決まった収入がある場合など、支払不能とまでは行っていない状態の場合に利用することができます。

任意整理を借主が一人で行うことは難しいものです。その理由は、第一に、業者側が応じてくれません。第二に、一つ一つの業者と地道に計算や交渉を行うのは、一人だけでは困難であるからです。
任意整理は弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼して行うことになります。つてがなければ、地方自治体の無料法律相談や、法テラス(日本司法支援センター)の電話相談などの窓口が利用できます。

借金の整理を身内に頼むのはいい方法ではありません。
結局は貸金業者の言い値を支払うことになるのがほとんどです。
業者側にとっては非常においしい話です。なぜなら、支払い義務のない他人が進んで返済するからです。
業者の言うとおりに返済すれば、その後も借金の勧誘をしてきます。そうなればまたお金に困ったときに本人が借金をし、もとの黙阿弥ということになりかねません。

弁護士や司法書士など、法律の専門家に任意整理を依頼する際、借入れをしている業者や債権者のすべてを、包み隠さず打ち明けることが大切です。

[関連サイト]
任意整理による債務整理の相談はこちらのような法律事務所でも無料で出来ます →→→ 債務整理 相談